↑さちかのランキングは今?

こんにちは。

女性の未来の働き方を創造する

永金(@sachika072)です。

正社員として毎日働かれている人は、起業・独立をしてみたいけど日々の業務に手いっぱいで何も進められてないという人が多いと思います。

そもそもいつまでに起業するために何をするかという目標設定さえも曖昧な人もいると思います。

そのままでは一歩も進めないまま今年も終わってしまいます。

まずは自分が起業するに当たって、どんなスキルが必要なのかを見極める必要があります。

そこで今回は正社員のうちにスピード感を持って起業に漕ぎ着けるために必要なスキルについてご紹介します。

起業家に必須の仕事スキルは正社員のうちに身に付く?

まず最初に、起業の能力と経営の能力は全く異なるスキルです。

0→1で何かを生み出す起業家は、ユニークなアイデアを発案するクリエイティビティ、そしてそのアイデアを具現化するためのバイタリティ(人間力+行動力+情熱)が必要です。

それに対して経営は、0→1で何かを創造する必要はありません。

既にあるビジネスを運営していくスキルが必要です。

起業家にとっては、起業後も継続的に価値提供をしなければならないので両方のスキルが必須です。

そして、この2つのスキルは正社員のうちに身につけることは可能ですが、

それにはあなたの意識改革も必要です。

具体的にどんなスキルを身につけるべきなのでしょうか?

1つずつ見ていきましょう!

起業家に必須の仕事スキル5つ

よく起業家に必要なスキルとして、

  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力
  • リーダーシップ
  • ロジカルシンキング
  • 英会話

のようなスキルを聞くと思います。

しかし、私が考える起業家のスキルはもっと人間性の部分に潜んでいると考えます。

そもそも上記に挙げたスキルは会社員であっても身に付けるべき基礎的なスキルです。

では、より高いレベルでどのようなスキルを起業家志望の人は身に着けるべきなのでしょうか?

具体的に見ていきましょう!

企画創造力

冒頭でも書きましたが、起業家には0→1で何かを生み出すスキルが最も必要であると言っても過言ではありません。

あなたの発案でそのプロジェクトの台本が出来上がり、それを回していくことでビジネスがスタートするのです。

さらに、売るものを決めたらそれを「売れるもの」にするスキルも大切です。

このスキルを正社員のうちに身につけるためにできる事は2つあります。

本を読むこと既に影響力のある人と会うことです。

本は本でも、「良書」を読むことを意識しましょう。

最近話題の本屋、自分が尊敬する人がおすすめする本でも構いません。

とにかくインプットを増やし、自分の中に知識をつに重ねることが大切です。

自分が知らないことを、創造することなど不可能です。

2つ目の影響力のある人とは、あなたが尊敬している人、または既に成功している人を指します。

なんでも自分の分からないことは、その道のプロに聞くことが起業するにあたって最短のコースです。

1人でモヤモヤ立ち止まっていても時間が勿体無いだけです。

スポーツで監督からアドバイスや叱咤激励をされて選手が成長していくように、

ビジネスにおいても誰か1人メンターのような存在を持つ事はとても大切です。

正社員時代のうちからそう言った人脈を広げ、様々な知見を持っておくことは今後のあなたの糧になります。

強烈な反骨精神

あなたは、毎日満員電車に乗ることを当たり前だと思っていませんか?

そして、「こんなの意味ないだろ」と思うような会議の議事録を毎日書き、意味もない契約書の承認印を上司に毎日ペコペコしながらもらっていませんか?

このように、働き方に対して社会的適合スキルが高い人は起業家に向いていません。

実業家として有名な堀江貴文さんや、落合陽一さんは社会的適合スキルが低いです。

常に社会のルールや大勢の意見に疑問を抱き、「こんなのやってられるか!」と我慢せず反抗し、自分で何かを生み出せる反骨精神を持っています。

このような人たちは自由人であり、起業家の場合が多いです。

会社の中に入ると必ず自己を抑制しなければならない機会があります。

そしてそれが社内では評価の対象となるため、なかなか起業家精神のある人が生まれない。

あなたも正社員として働いている場合、「我慢」することが当たり前という環境に洗脳されている可能性があります。

起業家を目指すのであれば、社内で違和感を感じる文化やルールに気付き、疑問を抱く癖をつけるようにしましょう。

上司がの意見が全て正しいという事はありません。

しっかり自分の考えを持ち、現状をどうにかしよう!という反骨精神を強く持ちましょう。

自分が一番になれる分野を持つ

あなたが会社に所属する事のメリットの1つとして、「その分野のプロになれる」事があります。

その分野のプロになれば、あなたは唯一無二の存在となることができ、周囲から信頼されるようになります。

逆にもしあなたにその得意の分野がなかったら、周囲の人との差別化が難しくなってしまいます。

専門分野を1つ持っておけばあなたの価値も高まります。

ただ、その道のプロになるのはそう簡単なことではないですし、時間も要します。

それならば、100万分の1を目指してオリジナルの自分になることをおすすめします。

好奇心

誰よりも強い好奇心を持つことで、起業家として新たな発想やアイデア、そしてそれをどうやって「売れる」コンテンツにしていくかまでを生み出すことができます。

小学校時代、私の友人はとても好奇心旺盛で算数も国語も全て完璧でした。

その友人はとにかく好奇心旺盛で、何でも「実験」してみることが好きでした。

例えば社会見学でみんなでバスに乗って高速道路に乗った際、「追い越す車の」ナンバーの地名を全て記録し、どこから来ている車が多いのかを分析していました。

それをすることで何のメリットがあるかはその友人も分かっていません。

しかし「興味があるから」実行せずにはいられないのです。

この行動がその友人の知識と経験の糧となり、知性があり、

好奇心は「何でだろう?」と疑問を抱き、関心を持たなければ生まれません。

なので、常日頃から生活の中で感じる疑問に敏感になりましょう。

意識面で努力をしていると、自然と疑問に対して深堀りができるようになり、あらゆることの情報を取りにいけるようになります。

決断実行力

よく、「将来起業したい」「この会社で最年少で出世する」といった素晴らしい夢を持っているにも関わらず、現実にはなかなか実行に移せてない人が多いと思います。

しかしこれを打破しなければ、現状を打破する事はできません。

決断実行力を身に付けることができれば、自分が興味を持ったことに果敢に進んでいくことができますし、

リスクを考えだすと不安ばかりが込み上げるだけなので、まずは小さいことからアクションを起こしてみることです。

例えば、その分野に詳しい人に会いにいくであったり、仕事の合間にインターネットで情報収集してみることも立派なアクションです。

挑戦するのは無料です。

とりあえず一歩踏み出してみましょう。

正社員のうちに起業家の仕事スキルを身に付けよう!

いかがでしたか。

正社員として会社や組織に所属している時でも、起業に必要な仕事スキルは身に付けることができます。

そのためにはあなたの意識的努力が必要不可欠。

面倒臭い」で片付けてしまってはいつまでも今の生活の質をUPさせる事はできません。

日々何をするのか、いつまでにそれを達成するのかなどをきちんと決め、自分の中で把握することを心がけましょう。

本日ご紹介した起業家に必要なスキルはほのん基本の部分です。

そしてこの基本をベースに人それぞれ起業したい分野や業界によって学ばなければならないことも違ってきます。

上手くいかないときは「それも学び」と捉え、ポジティブに前進を続けましょう!

現在、Atlasメルマガでは好きなことに夢中になるコツ・自由な働き方の実現方法を1週間に渡ってあなたにお送りしています。

まずはメルマガから、挑戦する環境に身を置いてみませんか?

私のメルマガで挑戦する準備を整えて、あなたの真っ白なキャンバスに彩りを加えていきましょう!

あなたの挑戦をお待ちしています。

LINE@ 配信中

記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

 

現在、新着記事を(無料で)LINEへお届けしています。

 

ぜひ下に添付しているLine@へ登録してください!
コメントやご感想なども大募集しています٩( 'ω' )و

頂いた感想やコメントはしっかり読ませて頂き、お返事させて頂きます!

おすすめの記事