↑さちかのランキングは今?

こんにちは。

女性の輝く人生の道しるべを提供する

永金です。

 

セブ島留学に行こうと考えておられる方は学校選びもそうですが、週末の過ごし方も気になっているのではないでしょうか?

 

セブ島には土日を利用して遊べるレジャースポットがたくさんあります。しかもコスパも抜群なので、毎週末色んなところに出掛けてセブ島を開拓するのも楽しいかのしれません。

 

今回は3ヶ月のセブ島留学経験のある私が選んだ、女性に行って欲しいセブ島のおすすめスポットをご紹介します。

インスタ映えを狙うならココ!セブ島おすすめスポット「サン・ペドロ要塞」

サンペドロ要塞は、フィリピンがスペインの統治下にあった時代の要塞です。

 

要塞(ようさい)とは?
敵の攻撃に対抗できるように,軍事技術や建築工学を応用して造られる堅固な構築物のこと。古代から戦争の変化に応じて,さまざまの形式のものが現れた。構築の強度や使用目的などから,一般に永久要塞と野戦要塞に分類される。国境や海岸,重要都市などに築かれる永久要塞は,敵の攻撃にできるだけ長くもちこたえられるように,また味方の部隊の安全な避難場となりうるように,煉瓦,コンクリート,石などで入念に築かれる。
引用:要塞(ようさい)とは - コトバンク

 

石造りの雰囲気ある入り口

 

サン・ペドロ要塞は、なんと珊瑚石で造られたフィリピン最古の要塞で、城壁の高さ6m、塔の高さは9mとミニマムな要塞です。700年近い年月を費やしてようやく完成を果たし、アメリカ統治時代は駐屯地、太平洋戦争時は日本軍の捕虜収容所として使用されたそうです。

 

要塞の中には大砲などが展示されており、歴史を感じる事ができます。

 

そのまま残っている大砲。歴史を感じる事ができる。

 

石造りの入り口を抜けると、綺麗に整備された庭が現れます。ベンチに座ってゆっくり庭を眺めることもできるのでインスタ映えも狙えます。

 

中は要塞とは思えないほどのどかな雰囲気

 

 

 

 

セブ島は今でこそビーチリゾートの島ですが、様々な国に支配されてきた歴史があり、戦争に巻き込まれたこともあるといった歴史を知る事ができる場所です。

 

明るいセブ島もいいですが、歴史を感じられるこのような場所を訪れてみるのもオススメです。

 

アクセスも ITパークからタクシーで約20分ほどなので、週末フラッと出かけたい時に足を運んでみては如何でしょうか。

 

入場料

入場料は大人30ペソ(約60円)、子ども・学生20ペソ(約40円)、シニア24ペソ(約50円)です。

 

語学留学で滞在中の方は、語学学校の学生証を提示すると学生料金で入場可能です。

アクセス

タクシーで行く場合、ドライバーに「フォート サンペドロ(Fort San Pedro)」とお伝えください。

 

開園時間:午前8時~午後8時45分まで
無休
 

ジンベイザメと一緒に泳ぐ!おすすめスポット「セブ島オスロブ」

セブ島にはど迫力のアクティビティが存在します。それがジンベイザメと泳ぐシュノーケリングです。

 

このアクティビティは、セブ島最南端に位置する「オスロブ」という場所で体験できます。

 

オスロブへはセブ市内から車で約3時間で行く事ができます。

 

ここで出会うジンベエザメは野生ではないと思われがちですが、実は毎日餌をもらいに来るジンベイザメは違うそうです。

 

なのでジンベエザメが餌をもらいに来る午前中ジンベエザメに出会える確率90%以上とのことです。

 

私たちもオスロブに行く日の朝は6時前に出発しました!

 

早朝の綺麗な海と空を眺めながら移動

 

オスロブに着くと、注意事項を聞いた後に早速ライフジャケットが渡されます。ジンベイザメと泳ぐ時が近づくとともにワクワクドキドキでした...!

 

ライフジャケットを着て出発!

 

ジンベイザメが向こうに見える..緊張してます

 

ジンベエザメがお目見え!! その姿は圧巻でした。

ジンベイザメと泳ぐ際に確認すべき注意事項

 

ジンベイザメと泳ぐ際の注意事項を記載しておきますので、確認しておきましょう。

 

1.ジンベイザメには直接触れない
2.基本的に4mの距離をあけるようにする
3.日焼け止めを塗って海に入らない(汚染防止)
4.泳げない方は専属のアシスタントと一緒に泳ぐ

 

ツアー料金は現地で組んだ方が圧倒的に安い

日本の旅行会社もジンベイザメツアーのパックを提供されていますが、それだと1人約2万円かかります。

 

もし現地のエージェントに直接お願いすると、1人約5千円で済みます。

 

留学先のスタッフや先生が現地のことは詳しいので、聞いてみるのがオススメです。

 

私も学校の先生に聞いて現地のエージェントを紹介してもらいました。約5千円で交通費、シュノーケリング費、食費等が入っていたのでとてもお得でした。

オスロブへのアクセス

バスで行く場合、セブ市の「サウスバスターミナル(South Bus Terminal)」からオスロブへ行くバスに乗ってください。セブ市からオスロブまでバスで約3時間です。

 

バス料金は1人約160ペソ。バスの添乗員に「Barangay Tan-awan Municipal Hall」で降ります」と言えば分かります。そこから徒歩数分で到着します。

 

営業時間:6:00 - 12:30

 

 

オスロブからすぐにある「ツマログの滝」もオススメ

ジンベイザメと泳ぐ時間帯は大体朝なので、その後しっかりと時間があります。なので「ツマログの滝」に行く事をオススメします。オスロブからバイクタクシーで約20分で向かう事ができるツマログの滝に行く事をオススメします。

 

このバイクタクシーに人生で初めて乗ったのですが、交通ルールも何も無くドライバーさんの気分で自由に運転されるのでとても怖いです。絶叫系アトラクションが苦手な方にはオススメできません。笑

 

 

バイクタクシーを降りると、ツマログの滝の大自然が現れます。

 

マイナスイオンたっぷりのツマログの滝

 

 

シュノーケリングでたくさん泳いだ後の癒しを感じることのできる場所ですので、オスロブに行った際にはぜひ寄ってみてください。

 

アクセス

住所: Cebu South Rd, Oslob, Cebu, Philippines
営業時間: 7:00〜17:00
入場料: 20ペソ

 

初心者でも安心!ヒルトゥガン島でアイランドホッピングを楽しもう

ヒルトゥガン島は、マクタン島から船で約30分の場所にある小さな島です。

 

ヒルトゥガン島に向かいます

 

 

ヒルトゥガン島の海は海洋保護区に指定されているという事もあり、透き通っていてエメラルドグリーンがとても綺麗です。

 

アイランドホッピングで海の中を見てみると、カラフルな魚や綺麗な珊瑚礁の世界が待っています。

 

綺麗な魚たちを間近で見る事ができます

 

アイランドホッピングが初めての人でも、現地のスタッフさんが一緒に泳いでくれるので安心してアイランドホッピングを体験できます。

 

アイランドホッピングをして綺麗な珊瑚礁や魚を見れて大満足でした。

ヒルトゥガンレストランで海を眺めながらランチがおすすめ

ヒルトゥガン島には、とても素敵なレストランがあります。それがこのヒルトゥガンレストランです。

可愛いロゴの看板が目印のヒルトゥガンレストラン。

 

ここでは海を眺めながらシーフード料理を堪能できます。

 

絶景を眺めながら食べる昼食は最高でした

 

ローカル感溢れるシーフード料理

 

レストランの外で貝殻を売る女の子たち

 

 

ヒルトゥガン島に行くのも現地のエージェントと相談して組む方法をオススメします。

 

基本的に交通費・食事・観光案内・アイランドホッピング等の体験全て含まれた価格で提示してくれるので、とても分かりやすくてシンプルです。予算は1人約1万円で行く事ができます。

 

アクセス

マクタン島にある港からバンカーボートに乗って出発します。

 

ツアーパックの内容によってマクタン島への送迎が無料で付いているかどうかが異なりますので確認が必要です!

 

セブシティからマクタン島まで行く場合は車でおおよそ40分ほどかかります。

 

コスパも抜群のおすすめホテルプール「セブ・ウェスタン・ラグーン」

 

友達と週末サクッとプールに行きたいときにオススメの「Cebu Westown Lagoon」を紹介します。

 

セブ市内からタクシーで数十分で行く事ができます。

 

このプールのポイントはズバリコスパの良さです。ディユースの利用ではなんと1人300pesoで1ドリンク付き土日(祝日は400ペソ)なのです。

 

しかもプールのクオリティもとても高く、施設も綺麗です。

綺麗に整備されたウェスタンラグーン

 

なんでも持ち込みOKなので、お酒を飲んでもよし、のんびり本を読んだりする事も可能です。

 

夜はネオンライトが綺麗に反射され、ナイトプールを楽しむ事ができます。

 

プールの中心にあるバーカウンターでお酒も頼めます。

 

市内からも近いので、プールで遊んだ後は市内のレストランでディナーやマーケットに繰り出して見るのもオススメです!

 

ナイトマーケットなどに関する記事はこちら↓

 

アクセス

住所:FF Cruz Moonlight St., Subangdaku NRA, マンダウエ
行き方:パークモールの近くにあります。タクシーでウェスタンラグーン、パークモールと伝えましょう。
営業時間: 8:00~23:00

セブ島の週末はおすすめスポットで思い出に残る体験をしてみませんか?

いかがでしたでしょうか。

 

セブ島にはまだまだ魅力的なスポットが存在します。
セブ島留学では、月曜〜金曜日はみっちり勉強漬けの日々が待っています。平日しっかり勉強した分、週末は切り替えてアクティブに過ごして見ましょう。

 

セブ島でしか体験できない事に挑戦することで、帰国した後にたくさんの濃い思い出話ができると思います。

 

勉強するときはする、遊ぶときはしっかり遊ぶ。

 

この気持ちを忘れず行動すれば、モチベーション高く有意義な留学生活を送る事ができるはずです。

 

セブ島留学を通して新しい友達、経験、そして価値観を持って帰って来てくださいね!

LINE@ 配信中

記事を最後まで読んでくださって、ありがとうございます!

 

現在、新着記事を(無料で)LINEへお届けしています。

 

ぜひ下に添付しているLine@へ登録してください!
コメントやご感想なども大募集しています٩( 'ω' )و

頂いた感想やコメントはしっかり読ませて頂き、お返事させて頂きます!

おすすめの記事